春の訪れを感じる「ふきのとう」

日中の気温は少しずつ暖かさを増し、春を感じられるようになってきた原村の標高1000m付近ですが、朝晩はまだまだ寒く、2月に降った大雪がしっかり残っています。

そんな中、日当たりの良い南斜面の原村/標高1000mで、「ふきのとう」を見つけました。
今年もやっと「目」で「春」を感じられるようになってきました。

ふきのとう

Bookmark the permalink.

Comments are closed